フォト

***

  • 訪問 ありがとうございます        
    PatchworkQuilt・CrossStitch等の  手しごとを記録しています。            by Garnet
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Cross Stitch

  • Yesteryear
    クロス・ステッチ 作品

Patchwork Quilt Ⅰ

  • ミニポーチ
    バッグ・ポーチなどの小物集

Patchwork Quilt Ⅱ

  • Rose Dream Quilt
    タペストリー・バッドカバーなどの作品

My Favorite Pattern

  • #18 St.Paul
    12cmサイズのお気に入りパターン

Let's Try

  • Strawberry Garden
    QP企画、 Let's Tryなどで 制作した作品。 他、書籍を参考に制作した作品

Monthly Quilt

  • フラワー・ベース・タペストリー 
    「すてきにハンドメイド」MonthlyQuilt

Flower Arrangement

  • プリザーブドフラワー ハート
    今までに制作した作品を フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー

料理

  • 生あげの酢豚ふう
    昨夜の一品

***

  • 掲載のステッチ作品は、デザイナー、メーカーに著作権があります。画像の配布、複製、転載はご遠慮ください。 宜しくお願い致します。

Book

  • Garnetの本棚
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2019年12月11日 (水)

ネレ・ノイハウス 【生者と死者に告ぐ】他1冊

ネレ・ノイハウス著 刑事オリヴァー&ピアシリーズ 7「生者と死者に告ぐ」

Photo_20191211124301

       (12/5 読了)

犬の散歩中の女性が射殺される、翌日、森に建つ邸宅のキッチンで、女性が

窓の外から頭を撃たれ死亡、数日後には若い男性が心臓を撃ち抜かれて

死亡する。そして警察署に”仕置人”からの死亡告知が届く。

被害者たちと、犯人がの繋がり、目的は何なのか?

オリヴァーとピアたちが連続銃撃殺人事件に挑む。

   (創元社推理文庫より)

今回はピアの妹キムと

州刑事局事件分析官ネフが登場

キムはいいとして、このネフなる人物がなんとも嫌な男です。

連続射殺事件は、

脳死の判定、そして臓器移植・・・その家族たちが関係していて

本当にこのような事があるのであれば、怖いな~と

思いながら読んだ。

また、スナイパー側から、次の標的の事を描いてます。

二度目の狙撃も上々だった。まだ腕がなまってないとかね・・・

シリーズ7もよかったです。

...............................................................................................

もう1冊のほう(先月読み終わってました)  

ロバート・クレイス著 「容疑者」

Photo_20191211124401

            (11/18 読了)

ロス市警のスコット刑事は相棒とパトロール中、銃撃事件に遭遇。

銃弾は二人を襲い、相棒は死亡、スコットも重傷を負う。

事件から9ヶ月半、犯人は捕まっていない。

警備中隊へ配属になったスコット、そこでの新たな相棒は、スコットと同じく

相棒を失ったシェパード、マギー。

動物がでてくる小説は色々あるけれど、この小説は犬の気持ちが描かれていて

相棒をこんな風に見てるんだと、

スコットの相棒、元軍用犬マギーがとてもいいです。

 

 

2019年11月17日 (日)

サンドローネ・ダツィエーリ 【パードレはもういない】他1冊

サンドローネ・ダツィエーリ著 「パードレはもういない」

Photo_20191114131701

       (上巻11/12 下巻11/14読了)

「パードレはそこにいる」三部作の完結編

前作で凄惨な事件に遭い、辞職した元捜査官コロンバは

田舎に引きこもっている。

弟と名乗るレオに連れ去られたダンテの行方も一向にわからないまま

15ヵ月が過ぎ、ある夜、コロンバの敷地内で血まみれの青年トミーを発見する。

青年のしぐさに、過去に捜査したパードレの影響が感じられた。

コロンバは、パードレの被害者であり、かつての相棒ダンテを再び探しはじめる。

     (ハヤカワ文庫上巻より)

.......................................................................................................

これで、コロンバとダンテシリーズは終わってしまって、少し残念。

もう少しこの二人の知性と感性。勝ち目のない戦いを読んでみたいと思うのでした。

1作目から再読します。。。

........................................................................................................

読み終わっていたもう1冊。

M.C.ビートン著 「メイフェアの不運な屋敷に幕は下り」

Photo_20191115101801

              (11/8 読了)

「メイフェアの優しい悪女」「「メイフェアの不運な屋敷に幕は下り」の二編。

このシリーズもこの二編で最終話となります。

屋敷の常勤の八人の使用人たち。わずかな賃金で苦しい生活の中で家族のように団結して

いつかみんなで宿を買い独立しようとお金を貯めています。

誠実な働きぶりで借り手に信頼されてきた彼らは、宿屋を買えるまでもう少し。

実現しそうな今、本当に自分たちのやりたいことはなんなのだろうと?

そして彼らが出した結論とは・・・

......................................................................................................................................

「メイフェアの優しい悪女」のほうは

エミリー・グッデナフ嬢と叔父のベンジャミンが屋敷を借ります。

じつはこの二人、もと使用人で、亡くなった主人の莫大な遺産を相続し、社交界に

入り込みます。美しいエミリーは素敵な結婚を夢見てます。

訪ねてきた伯爵に憧れをいだき、使用人たちは、エミリーを横柄な締まり屋と思い込み

屋敷から追い出そうとします。。。。。

........................................................................................................................................

「メイフェアの不運な屋敷に幕は下り」のほうは

屋敷の持ち主べラム公爵が帰国して、驚くほど美しいジェニー嬢と出会います。

ハンサムで傲慢な公爵と、美しさを鼻にかけていたジェニーは、初対面で大げんかをします。

ところが、この二人ご近所に住むことになってしまいます。

公爵、ジェニーが八人の使用人たちとどうかかわって、この二人がどう変わっていくか

読んでいて楽しかった。

※ 使用人たちは、先に書いたようにそれぞれの結論を出します。。。。。

 

2019年10月31日 (木)

カミラ・レックバリ 【魔女】

カミラ・レックバリ著 エリカ&パトリック事件簿シリーズ 10作目「魔女」

Photo_20191029141401

         (10/29 読了)

 

農場に住む4歳の少女が姿を消した。警察、近隣住民、難民と大規模な捜索が

はじまり、少女は森の奥まった場所の池で遺体で発見された。

30年前にも同じ農場に住んでいた4歳の少女ステラが行方不明になり、同じ森で

遺体で発見された事件がおきていた。

ステラ事件から30年の時が流れて、またしても類似した事件がおきた。

当時、13歳の少女二人が犯人とされたが、

未成年だったため逮捕されなかった容疑者の一人マリーは、最近女優として

撮影のため町に戻ったばかり。    (集英社文庫より)

 

..........................................................................................................

解説にも書いてありますが、

言葉も環境も違うものたちへの嫌悪感、恐怖、若者の「いじめ」

過去の事件から魔女狩りなど、読んでいて辛いところがありました。

が、いつものようにエリカが本を書くために過去の事件の取材、そして事件に巻き込まれる、

メルバリ署長の勝手な行動で大失敗を、など他にもいろいろ。。。。。

読み応えのある、「魔女」上下巻でした。

カミラ・レックバリ著の新シリーズが刊行されたようで、

いつになるのかわからないけれど、翻訳され、日本で刊行されるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

2019年10月 9日 (水)

ジェイン・ハーパー 【渇きと偽り】【潤みと翳り】

ジェイン・ハーパー著 アーロン・フォークシリーズ 

Photo_20191007124101

    (9/21読了)                   (10/8読了) 

左側 1作目「渇きと偽り」

大干魃が二年間も続いてるオーストラリアの田舎町が舞台。

友人(ルーク)が妻と子供を道連れに自殺を遂げたようなので 

二十年ぶりに故郷を訪れたフォークだが、彼にも故郷での

ある事件で父と故郷を離れた、つらい過去があります。

短い滞在のつもりでいたが、ルークの親から事件の真相究明を依頼された

フォークは、自身の過去と向き合うことに。。。

.......................................................................................................

右側 2作目 「潤みと翳り」

企業の合宿研修で森に入った五人の女性。

道に迷い、やっとの思いで森から脱出したとき、そのうちの一人が消えていた。

手がかりは消えた女性が連邦警察官フォークの携帯に残したボイスメッセージ。

遭難、事件なのか。

森の中での五人の女性。身勝手な一人の女性を取り巻く残りの四人の心理。

森の中を歩く様子と、捜索の現在進行形で進んでいきます。

結果は???

 

        (2冊ともハヤカワ文庫より 抜粋)

 

アーロン・フォークシリーズ、

次回作あるようなら、また読んでみたい。

2019年8月19日 (月)

M.C.ビートン 【英国ちいさな村の謎】⑥~⑩

M.C.ビートン著 アガサ・レーズンシリーズ「英国小さな村の謎」⑥~⑩

Photo_20190819133501

NO.6 アガサ・レーズンの幻の新婚旅行

NO.7 アガサ・レーズンと死を呼ぶ泉

NO.8 アガサ・レーズンとカリスマ美容師

NO.9 アガサ・レーズンと禁断の惚れ薬

NO.10 アガサ・レーズンの不運な原稿

................................................................................................................

 

 

2019年7月31日 (水)

M・C・ビートン 【英国ちいさな村の謎】①~⑤

アガサ・レーズンシリーズ 1~5まで読みました。

とにかく面白い。

Photo_20190725132201

NO.1 アガサ・レーズンの困った料理

英国一美しいコッツウォルズの村で憧れの隠居生活をはじめたアガサ。

キッシュコンテストで優勝して人気者になりたくて、料理はダメなアガサは

ズルをして買ってきたキッシュを手作りとして出品。

ところが、そのキッシュを食べた審査員が死んでしまいます。

毒殺の嫌疑をかけられうえに、ズルしたこともばれてしまい落ち込むアガサ。

名誉挽回のために素人探偵に乗り出します。

村の住人たちとのやりとり、アガサの押しの強さ、駆け引きがすごい。

NO.2以降もそんな感じで、読んでいて楽しい。共感できるところもある・・・

.......................................................................................................

NO.2 アガサ・レーズンと猫泥棒

NO.3 アガサ・レーズンの完璧な裏庭

NO/4 アガサ・レーズンと貴族館の死

NO.5 アガサ・レーズンの結婚式

NO.2からは、ハンサムな隣人との恋の行方にも注目です。

.............................

今は、NO.6~8まで読み終わっています。

7月、最終日。今日も暑い。

動くと汗、なので静かに読書でも。

..........................................................................................................

 

 

2019年7月11日 (木)

ロバート・クレイス 【指名手配】

ロバート・クレイス著 「指名手配」

Photo_20190710104501

私立探偵エルヴィス・コールは、ある母親から、最近妙に金回りがいい息子のことを

調査してほしいという依頼を受ける。この少年は仲間とともに

裕福な家からの窃盗を繰り返しているらしい。警察より先に身柄を

確保し、自首させたいという母親。しかし、コールよりも先をいく

何者かが、少年の仲間を殺していた。(創元社推理文庫より)

................................................................................................................

私立探偵エルヴィス・コールを主人公とするシリーズ17作目らしいのですが、

この作家さん、この「指名手配」で初めて知った。

前々作「容疑者」前作「約束」があるようなので、そのうち読んでみたいかなと

思っています。

...............................................................................................................

月初めに「アガサ・レーズンシリーズ 1~10巻」までが届きました。

しばらくの間楽しめます^^

...............................................................................................................

2019年6月25日 (火)

ダン・ブラウン 【オリジン】& M.C.ビートン【英国のちいさな村の謎】

ダン・ブラウン著 「オリジン」

Photo_20190621132801

              (6/15~21 読了)

        良かった。映画化になるのかな・・・

....................................................................................

M.C.ビートン著 「英国の小さな村の謎」

イギリスで一番美しい村コッツウォルズ。

そこに引っ越してきたアガサが繰り広げる抱腹絶倒の田舎暮らし。

        (コージーブックスより)

コッツウォルズを舞台にした本シリーズは、20巻以上続いているようです。

今回11巻目と12巻目を読んでみましたが、とても面白かったです。

11

シリーズ11 「アガサ・レーズンは奥さま落第」

Photo_20190625132301 

シリーズ12 「アガサ・レーズンと7人の嫌な女」

.......................................................................................................

シリーズ11で夢だったジェームズと結婚はしたものの、うまくいかず

意気消沈するアガサ。そんな時にジェームズが姿を消してしまい、

ジェームズがアガサに隠していた重大な秘密を知り衝撃を受けながらも

友人の助けを借りながら、決着をつけていきます。

........................................................................................................

シリーズ12 「アガサ・レーズンと7人の嫌な女」では

ジェームズと離婚し、傷ついた心を癒やすため、南太平洋の孤島に向かいます。

アガサは島に来ていた人々と仲良くなり、元気を取り戻してイギリスに帰ってきます。

帰ってきてまもなく、町は洪水に見舞われ、川が氾濫。

ピラティスのために出かけたアガサは、増水した川でウェディングドレス姿の女性が

流されていくのを 見ます。

好奇心いっぱいのアガサは変装して、流された女性の同僚たちに話を

聞きに行くのですが、これがなかなかの強者ぞろいの女性たちなのです。

...................................................................................................................

11巻目から読み始めたので、ジェームズと結婚したいきさつがわかりません。

とにかく、事件がおき、アガサが友人などの助けを借りながら

解決していくわけです。

笑えるところも満載。

1巻目から読んでみようと思います。

...................................................................................................................

 

2019年4月16日 (火)

ジェームズ・ロリンズ 【スミソニアンの王冠】

ジェームズ・ロリンズ著 シグマフォースシリーズ12作目「スミソニアンの王冠」

Photo_5

謎の生き物がハワイ諸島の島々を襲撃。地球の生態系への脅威を阻止するための

手がかりは、スミソニアン協会から盗まれた「悪魔の王冠」

ヨーロッパ、ハワイ、日本でシグマの決死の調査が開始される。

  (竹書房 上巻 帯より)

 

今回のシリーズで悪役に日本人が登場します。

歴史的側面、そして科学的側面の中心となるスズメバチの生態。。。

スズメバチの襲撃を受けたグレイとセイチャンは、コワルスキや日系人科学者とともに

事態の対応に当たります。

.....................................................................................................................

 

3年ほど前に読み終わっていた 

ケルスティン・ギア著 ファンタジータイムトラベラーシリーズ

「紅玉は終わりにして始まり」「青玉は光り輝く」「比類なき翠玉」

映画になっていたのは知っていたのですが、ドイツ映画こちらで上映されません。

でも、先月ですがCSで観ました。

ヒロインの相手役の方、とっても素敵でした~♡

ドイツ映画、どのようなものがあるのか知りませんが、

こんなに素敵な俳優さんがいらっしゃるんだと、目が♡♡になりました。

名前はヤニス・ニーヴナーさん

録画してあるので、また観ようっと (^^♪

............................................................................................................................

 

2019年2月11日 (月)

M・L・ステッドマン 【海を照らす光】

M・L・ステッドマン 著 「海を照らす光」

Photo_3 (2/9 読了)

20世紀初頭のオーストラリア。

戦争が終わり帰国したトム・シェアボーンは、
灯台守として孤島ヤヌス・ロックに赴任する。

妻イザベルと子供は授からなかったけれども、幸せな日々を送っていました。

ある日、ボートが漂着し、赤ん坊が乗っていた。

その赤ん坊を、実子と偽り育て始める。

数年後、本土で、休暇を過ごしていたとき、
海で夫と子供を失い悲嘆に沈む女性がいると知る。

      (ハヤカワ文庫より)

.......................................................................................................................................................

「光をくれた人」で映画化された原作本「海を照らす光」です。

映画が良かったので、原作を読んでみました。

.....................................................................................................................................................

より以前の記事一覧