フォト

***

  • 訪問 ありがとうございます        
    PatchworkQuilt・CrossStitch等の  手しごとを記録しています。            by Garnet
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Cross Stitch

  • Yesteryear
    クロス・ステッチ 作品

Patchwork Quilt Ⅰ

  • ミニポーチ
    バッグ・ポーチなどの小物集

Patchwork Quilt Ⅱ

  • Rose Dream Quilt
    タペストリー・バッドカバーなどの作品

My Favorite Pattern

  • #18 St.Paul
    12cmサイズのお気に入りパターン

Let's Try

  • Strawberry Garden
    QP企画、 Let's Tryなどで 制作した作品。 他、書籍を参考に制作した作品

Monthly Quilt

  • フラワー・ベース・タペストリー 
    「すてきにハンドメイド」MonthlyQuilt

Flower Arrangement

  • プリザーブドフラワー ハート
    今までに制作した作品を フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー

料理

  • 生あげの酢豚ふう
    昨夜の一品

***

  • 掲載のステッチ作品は、デザイナー、メーカーに著作権があります。画像の配布、複製、転載はご遠慮ください。 宜しくお願い致します。

Book

  • Garnetの本棚
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月27日 (金)

ギョーム・ミュッソ 【ブルックリンの少女】

ギョーム・ミュッソ著 「ブルックリンの少女」

Photo(7/25 読了)

小説家ラファエルと婚約者のアンナは南フランスで休暇を楽しんでいた。

旅先で、ひた隠しにするアンナの過去を尋ねた結果、激しい言い争いに

なり、アンナは旅先の貸別荘を飛び出しそのまま行方不明になる。

ラファエルと友人の元警部マイクの二人は調査を進めるなか、

過去の不審な事件、事故が浮上してくるのです・・・

                    (集英社文庫より)

  < 感想  >

それぞれの運命。。。悲しく、せつない・・

........................................................................................................................................................

2018年7月23日 (月)

アン・クリーヴス【空の幻像】

アン・クリーヴス著 ジミー・ペレス警部シリーズ

シェトランド四重奏の4部作に始まり、続編「水の葬送」、「空の幻像」と

読み終わりました^^

...............................................................................................................

   6作目  「空の幻像」

Photo (7/12読了)

島に伝わる少女の幽霊・・・1930年に溺死した 「小さなリジー」の事を

取材していたエレノア。

テレビ番組の制作者で、親友の結婚式の出席と取材を

兼ねて、夫や友人とアンスト島を訪れていた。

エレノアは失踪する前日に「浜辺で踊る白い服を着た少女を見た」と
話していた。

ペレス警部たちが捜査を開始してまもなく死体で発見される。

       (創元社推理文庫より)

次、7作目が楽しみです。「水」「空」と続いたので次は「地」のようです。

......................................................................................................................................................

朝、カーテンを開けて、ビックリ! です。

5頭の鹿が駐車場から道路を横断するところでした。。。

Photo


車が来てないか確認するように立ち止まり、(車が来てたようで

車が通りすぎると)、ゆっくりと横断していきました。

最近は、ご近所の花や野菜が食べられてるらしいです。

.......................................................................................................................................................

2018年7月20日 (金)

Flowers of summer ④

Photo

              Flowers of summer  kit:30-4726

タンポポ、アメリカぼうふう、ポピー、西洋ミヤコグサ、デイジー
そしてヤグルマギクまで刺し終わり^^

間違ってるところも発見、このまま進めようと思う ~ ( ノД`) 

残り半分、ノロノロと針を進めます・・・

..................................................................................................................................................

先日まで、布の整理などをしていて、
途中になっていた、ハーダンガー刺繍が出てきたので、
今はそのハーダンガー刺繍の続きを始めています。

しばらくしてなかったので、忘れてることもあり、
本と、今まで作った作品の説明書を取り出して・・・

なので、時間がかかります~。

..................................................................................................................................................

2018年7月12日 (木)

Stiel&Blute(オレンジブック)より野の花 

Christianeさんのオレンジブックから、ここ数日間、こちらを刺していました。

刺し終わったので、手持ちの額に。

Photo


      Book:Stiel&Blute 布:fru zippe 12B 糸:花糸(旧)

額を置いてみただけなので、これから額入れします。

Photo_2


こちらが載っている図案集のオレンジブック、

画像以外にも刺したいと思う図案が沢山あります。

鉢花を持ったお嬢様は是非刺したいと思っています。

.............................................................................................................................................

2018年7月 5日 (木)

アン・クリーヴス 【青雷の光る秋】他

アン・クリーヴス著 <シェトランド四重奏 >ジミー・ペレス警部シリーズ

2作目「白夜に惑う夏」

Photo_2


シェトランド島の夏。 観光客の一団が押し寄せ、
人々を浮き立たせる白夜の季節です。

ペレスの恋人フランと画家ベラ・シンクレアの共同の絵画展が
開催で、出会った男が翌日桟橋近くの小屋で道化師の仮面を
つけて死体となって発見される。

本土からやってきた主任警部と捜査にあたるペレス。
しかし、島では二人目の死者が・・・

        (創元社推理文庫 より)

1作目と同様に、第一発見者がまたしても二人目を発見するという内容ですが、
白夜の中、小共同体ならではの人々の心理が描かれています。

......................................................................................................................................................................

3作目「野兎を悼む春」

Photo_3


今回は、シェトランド署刑事サンディが実家のあるウォルセイ島で
祖母の死の第一発見者となります。

少しずつサンディの成長がみられる。

.....................................................................................................................................................................

そして4作目「青雷の光る秋」

Photo_4

シェトランド四重奏の最終章です。

ペレスと恋人フランは、ぺレスの両親に会うためフェア島を訪れます。
島のフィールドセンターでふたりの婚約祝いパーティが開かれた。
その直後、センターの監視員が殺される。

嵐で本島との交通が途絶え、孤島となった島でペレスは一人きりで
捜査を始める。

             (創元社推理文庫より)

ジミー・ペレス警部シリーズ「水の葬送」を先に読み、
何故恋人フランが死んだのかわからなかったけれど、
最終章でそのわけがわかる・・・この最後はちょっと衝撃的。

妄想、うじうじと悩む、ジミー・ペレス警部ですが、
小説の中とはいえど、いつか幸せになってと思うのでした。

今は、「水の葬送」の続編「空の幻像」を読んでます。

読んでいく中で、フェアアイル模様のセーターに、
各島の編みこみ模様のセーター、帽子など、時々出てきます。

......................................................................................................................................

2018年7月 2日 (月)

MIES BLOCH さんの図案集から②

Photo

          MIES BLOCH 図案集より

         布:32ctリネン 糸: DMC

         楽しそうに踊ってる図案。

  ( 大物ばかり刺してるので、短時間で刺し終わり、

         気分転換になりました^^ )

         何かに仕立てるわけでもなく、   

         これは、このまましばらく放置。

一緒に写ってる左上のステッチもそのうち刺したいと思っています。

..........................................................................................................................................................

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »