フォト

***

  • 訪問 ありがとうございます        
    PatchworkQuilt・CrossStitch等の  手しごとを記録しています。            by Garnet
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Cross Stitch

  • Spring at Hawk Run Hollow
    クロス・ステッチ 作品

Patchwork Quilt Ⅰ

  • ミニポーチ
    バッグ・ポーチなどの小物集

Patchwork Quilt Ⅱ

  • Rose Dream Quilt
    タペストリー・バッドカバーなどの作品

My Favorite Pattern

  • #18 St.Paul
    12cmサイズのお気に入りパターン

Let's Try

  • Strawberry Garden
    QP企画、 Let's Tryなどで 制作した作品。 他、書籍を参考に制作した作品

Monthly Quilt

  • フラワー・ベース・タペストリー 
    「すてきにハンドメイド」MonthlyQuilt

Flower Arrangement

  • プリザーブドフラワー ハート
    今までに制作した作品を フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー

料理

  • 生あげの酢豚ふう
    昨夜の一品

***

  • 掲載のステッチ作品は、デザイナー、メーカーに著作権があります。画像の配布、複製、転載はご遠慮ください。 宜しくお願い致します。

Book

  • Garnetの本棚
無料ブログはココログ

« ヘニング・マンケル『クルト・ヴァランダーシリーズ』 | トップページ | 小鳥のモビール »

2012年8月17日 (金)

『天使のゲーム』カルロス・ルイス・サフォン

今週はお針仕事は落ち着いてできないため、

空いてる時間に、途中になっていた「天使のゲーム」を読んでいました。

Photo

著者 カルロス・ルイス・サフォン・・・スペインのバルセロナ生まれ

『天使のゲーム』

1917年、バルセロナ。17歳のダビットは、雑用係を務めていて新聞社から
短編を書くチャンスを与えられた。1年後独立したダビット。

1928年 旧市街地の「塔の館」に住む若きダビット・マルティン。
執筆活動を続ける。ある日、謎の編集人から、1年間彼のために執筆活動を
するかわりに、高額の報酬と ”望む” ものを与えるとオファーを受ける

また、ダビットが契約していた出版社が放火されて経営者が亡くなり、
刑事にマークされる生活が始まる。

いっぽうで移り住んだ「塔の館」のかつての住人が、不審な死に方をしていたことがわかる

* かつて世に存在しなかった執筆にとりかかるのだが、そんな彼の周辺で
不可解な出来事が起こりだした。

少年の頃から憧れて、移り住んだ「塔の館」、その元家主と同じ運命を、
自身もたどりはじめていることに気づいていく・・・ *
  (*~*は訳者あとがきから抜粋)

この中で、ダビット・マルティンのアシスタント「イサベッラ」という女性が
登場しています。

この二人の会話が結構いい

また、刑事との会話の中で、刑事が「その天使のバッジ・・・
はじめてお会いした時から、そいつを、ずっと襟につけておいでですね」
って言うのだけれど・・・

読んでた私は 「えって???」

気になるでしょう~^^  とにかく面白かった。

*-*-*

「天使のゲーム」は「忘れられた本の墓場」四部作の第二弾です。

前作「風の影(文庫)」は翻訳されて発売されたのが2006年ですから
それから第二弾は6年かかり「天使のゲーム(文庫)」の発売でした。

第三作と第四作。翻訳されて、いつ頃発売されるのかわからないですが、
いまから楽しみです~ ♪

次は「獣の奏者」を。

*-*-*

明日からはまた、続きのクリカレを刺して、完成させます。。。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

« ヘニング・マンケル『クルト・ヴァランダーシリーズ』 | トップページ | 小鳥のモビール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事