フォト

***

  • 訪問 ありがとうございます        
    PatchworkQuilt・CrossStitch等の  手しごとを記録しています。            by Garnet

◇ Cross Stitch blog 

  • *Purupian*
    cross stitch 完成作品のみを記録してます。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Cross Stitch

  • Spring at Hawk Run Hollow
    クロス・ステッチ 作品

Patchwork Quilt Ⅰ

  • ミニポーチ
    バッグ・ポーチなどの小物集

Patchwork Quilt Ⅱ

  • Rose Dream Quilt
    タペストリー・バッドカバーなどの作品

My Favorite Pattern

  • #18 St.Paul
    12cmサイズのお気に入りパターン

Let's Try

  • Strawberry Garden
    QP企画、 Let's Tryなどで 制作した作品。 他、書籍を参考に制作した作品

Monthly Quilt

  • フラワー・ベース・タペストリー 
    「すてきにハンドメイド」MonthlyQuilt

Flower Arrangement

  • プリザーブドフラワー ハート
    今までに制作した作品を フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー

料理

  • 生あげの酢豚ふう
    昨夜の一品

***

  • 掲載のステッチ作品は、デザイナー、メーカーに著作権があります。画像の配布、複製、転載はご遠慮ください。 宜しくお願い致します。

Book

  • Garnetの本棚
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

おはなのポーチ 2 完成

「おはなのポーチ」 完成しました。

中央のケミカルレース(ZUIオリジナル)は、「ひまわり」だそうです
キルティングの後に、飾りステッチ(ヘリンボーンステッチ)を
いれると、素敵になりました。

Photo_3

  * ZUIオリジナルキット おはなのポーチ *
          キルトギャラリー 瑞 

チャーム付きファスナーもZUIさんオリジナルだそうです。可愛いです。
ファスナー先端には、くるみボタンにレースをつけて、飾ってます。

Photo_4

くるみボタンにレースを付けてから、ファスナーを挟み込んで
縫い合わせていくのが一番大変な作業でした。。。

 (ファスナー先端折り返して、ボタンをつけるのが正しいけれど
  私はそのまま挟み込んで縫い合わせました)

使いやすいサイズの可愛いポーチが出来上がりました。

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

        

2012年8月28日 (火)

ソークベストフース

Photo_2

デンマークの建物 4つ目「ソークベストフース」の完成(8/25)

Photo_3

「ソークベストフース 18世紀、クリスチャン6世の時代の建築」

周りの葡萄のリースがいい感じ~

 Book:デンマークのクロスステッチ「四季の暮らしと窓辺の花」
 Design:Gerda Bengtsson / Ida Winkler
 Linen: HF-12B  thread:花糸(旧)一部 DMC

*-*-*

昨日は暑かった sun

釧路は今季最高気温 28.7度 だったようです。。。
28度は暑かったです~。

9月上旬まで残暑が続きそうです。

でも、今日の予想気温は 昨日より5度ほど低いようです。

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月26日 (日)

おはなのポーチ 1

途中になってるキルトトップが何枚もあり、少しでもキルティングをしなければと、
頭では思っていても、なかなかパッチワークに手が出ない状態がずっと続いています。

でも、これでは、ダメだわ~と思い

昨日から、キットを取り出して、ピースワークを、
簡単なピースワークだったのですぐにトップが出来上がりました

Photo

             「おはなのポーチ」  ZUIオリジナルキット

今年の北海道キルトウィークで、南さんのショップから
中心のレースのお花が可愛らしくて購入してきた「おはなのポーチ」キットです。

  (多少のズレはステッチを入れるとわからなくなると思う^^)

パッチワークも楽しいんだけど・・・なぜか以前のような気持ちになれない
スランプですか? これって(だとしたら随分と長い期間だこと)・・・(ノ_≦。)

でも、でも、そんな気持ちは、さておき、キルティングにはいります~^^

各パーツのキルティングが終わったら、刺繍を施し、
パーツを組み立てて完成となります。

*-*-*

3日ほど前に読み終わった「獣の奏者 Ⅲ 探求編、Ⅳ完結編」

Photo_7

読み始めるともう途中で読むのをとめることはできなくて
一気に読んでしまいました。

エリンの世界に引き込まれていきました
とにかく良かった、感動した その一言です。

もう一度、 Ⅰ 闘蛇編、 Ⅱ 王獣編、そして今回のⅢとⅣを
読み返したいと思いました。

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月21日 (火)

Christmas Tapestry - Santa Claus 2 finish

Photo

クリカレサンタさん 終了です。

Photo

いつもと同じシルバーのフレームに額入れしました。

今回刺したSanta Clausは、図案集で見ても可愛いけど、
刺すともっと可愛さが倍増です~heart04

先日の切り紙でのモビール、クリスマスモチーフもあるので
可愛いクリスマスモビールを作り、一緒に先方にお渡ししようと
思っています。喜んでいただけるかしら~

 Book: Christmas Tapestry in Cross -Stitchから
      「Santa Claus 1976」

      (1976~ 2003に変更しました)

 Design: Inga Palmgren
 fabric: HF12B
 thread: Flora cotton 198 (3束使用)

*-*-*

急ぎのステッチはこれで終わったので、
次は「デンマークの建物」の続きを・・・

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

2012年8月19日 (日)

小鳥のモビール

Photo

  昨日は、これを作ってみた・・というより切り抜いてました^^  

       「北欧の切り紙」の本から

   この本は、モビールの型紙が入っているので、
   好みのモチーフを切り抜いて、糸を通すだけ

   すぐに飾ることができます。

   他にもいろいろ型紙がついているので、少しずつ
   切り抜いて、沢山飾りたいです

   わずかな空気の流れでも揺れて、癒される感じ

   最初から、細かいものは無理なので、
   一つ目は 「森の小鳥」から

 Photo_2 目のところの切り抜き少し大変でした。

細かいところの模様を最初に切り抜いてから、他を切り抜いていきます。
人差し指に結構力が入り、指が痛い。
この日はこの1枚で終わりです・・・

*-*-*

  Photo_3

「北欧の切り紙 デンマークのかわいいモビール」池田書店
著者:Jens Funder-Nielsen

*-*-*

素朴なハンドメイド・モビール、興味があって作ってみたかったものです。
紹介されてる作品の型紙つきなので、すぐに始められます。

北欧に暮らす人々のゆっくり過ごす時間、室内を楽しく演出してくれる
手軽なインテリア・・・素敵です shine

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
  

2012年8月17日 (金)

『天使のゲーム』カルロス・ルイス・サフォン

今週はお針仕事は落ち着いてできないため、

空いてる時間に、途中になっていた「天使のゲーム」を読んでいました。

Photo

著者 カルロス・ルイス・サフォン・・・スペインのバルセロナ生まれ

『天使のゲーム』

1917年、バルセロナ。17歳のダビットは、雑用係を務めていて新聞社から
短編を書くチャンスを与えられた。1年後独立したダビット。

1928年 旧市街地の「塔の館」に住む若きダビット・マルティン。
執筆活動を続ける。ある日、謎の編集人から、1年間彼のために執筆活動を
するかわりに、高額の報酬と ”望む” ものを与えるとオファーを受ける

また、ダビットが契約していた出版社が放火されて経営者が亡くなり、
刑事にマークされる生活が始まる。

いっぽうで移り住んだ「塔の館」のかつての住人が、不審な死に方をしていたことがわかる

* かつて世に存在しなかった執筆にとりかかるのだが、そんな彼の周辺で
不可解な出来事が起こりだした。

少年の頃から憧れて、移り住んだ「塔の館」、その元家主と同じ運命を、
自身もたどりはじめていることに気づいていく・・・ *
  (*~*は訳者あとがきから抜粋)

この中で、ダビット・マルティンのアシスタント「イサベッラ」という女性が
登場しています。

この二人の会話が結構いい

また、刑事との会話の中で、刑事が「その天使のバッジ・・・
はじめてお会いした時から、そいつを、ずっと襟につけておいでですね」
って言うのだけれど・・・

読んでた私は 「えって???」

気になるでしょう~^^  とにかく面白かった。

*-*-*

「天使のゲーム」は「忘れられた本の墓場」四部作の第二弾です。

前作「風の影(文庫)」は翻訳されて発売されたのが2006年ですから
それから第二弾は6年かかり「天使のゲーム(文庫)」の発売でした。

第三作と第四作。翻訳されて、いつ頃発売されるのかわからないですが、
いまから楽しみです~ ♪

次は「獣の奏者」を。

*-*-*

明日からはまた、続きのクリカレを刺して、完成させます。。。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月14日 (火)

ヘニング・マンケル『クルト・ヴァランダーシリーズ』

刑事クルト・ヴァランダー シリーズ

4作目「笑う男」 5作目「目くらましの道」 6作目「5番目の女」

読み終わりました~。

これで 1作目~7作目まで全て読みました。。。

面白かったですよ~

次回作の発売を楽しみに待っています~~~。

4作目 「笑う男」

Photo_4

正当防衛とはいえ、人を殺してしまったことで(前作白い雌ライオンでのこと)
悩み辞職する決心をしたヴァランダー。
そんなおり、友人の弁護士が訪ねてくる。父の死がどうも腑に落ちない点があるので
調べてくれないかと。しかしヴァランダーは彼の頼みを断り、辞職届を出すために
イースターに戻る。そこに待っていたのは、先日訪ねてきた友人の死亡記事であった。

ヴァランダーの心に、再び犯罪捜査に対する意欲が燃え上がる・・・
かくして、1年ほど休職していたヴァランダー警部が復職することになる。

 (解説より抜粋)

*-*-*

5作目「目くらましの道」

Photo_5

夏の休暇を楽しみに待つヴァランダー警部。そんな平和な夏の始まりは、
一本の電話でくつがえされた。呼ばれていった先の菜の花畑で、少女が焼身自殺。
目の前で少女が燃えるのを見たショックに追い討ちをかけるように事件発生の
通報が・・・凄惨な殺人。犯人は次々と犠牲者を増やしていった。
常軌を逸した連続殺人に、ヴァランダーらの捜査は難航する。

*-*-*

6作目「5番目の女」

Photo_6

父親とのローマ旅行は予想外に楽しかった。
休暇が終わり仕事に戻ったヴァランダーを待ち受けていたのは、
花屋の家宅侵入の通報。店主は旅行中で盗まれたものはない。
次は独り暮らしの老人が失踪した疑いがあるとの訴え
一見些細な二つの事件・・・・・だが事件は恐るべき様相を見せはじめる。

そんな中、事件が起きた地域の人々の思いがけない行動が報道されて
愕然とする。市民自警団の決起のニュース。

           :

この本の中で夜警と名乗る自警団のメンバーが道に迷った運転者を
泥棒だと決めつけて数人で殴る蹴るの暴行を加える事件が発生する。

大人たちの振る舞いを真に受けた中学生たちが、すぐに連鎖反応を
起こした。

そして、警察官の娘であるという理由で暴力を振るわれる。

それに対するヴァランダーたちの断固とした態度で子供たちに
対応する。加害者の子どもも被害者の子どもも置き去りにされない。
             (訳者あとがきより抜粋)

まぁ~読んでみてください。。。。。

*-*-*

積本の中から次に読む予定の本は後回しにして

ネッ友さんのところでも紹介していた

待ちに待った 「獣の奏者」 

Photo_7

    「Ⅲ 探求編」 「Ⅳ 完結編」

今日買ってきましたよ

こちらを先に読むことにします、やっと読める~~~♪

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月11日 (土)

ちょっと 寄り道・・・

クリカレのサンタさんも3/4まで進みました。

後ひと息で完成なんだけど・・・

ここでちょこっと寄り道して

Christmas

デンクロ・メリークリスマス「うれしいクリスマスの日」を
刺してました。

図案の中央部分だけを刺し、ベルプル仕立ての

参考作品が可愛らしくて刺したいと思っていたので

2日前から始めて昨日刺し終わりました

下段の人物はそのままの図案で刺すと両端の人が途中で切れてしまうので
左に寄せて刺しています。

仕立ては参考作品と同じにベルプルに(金具が届いてからになります)

Christmas2

*-*-*

全体は、この図案から中央部分を(同じような画像ばかりですけど^^)

Christmas3

Book:デンマークのクロスステッチ・メリークリスマスより
    「うれしいクリスマスの日」

Linen:HF-10B
thread:Danish Flower Thread

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月 8日 (水)

庭のお花 9 (カンパニュラ・グロメラータ)

Photo

                  (撮影 2012.7.26)

       カンパニュラ・グロメラータ 

 お花だけを見ると、リンドウと見間違えるような咲き方です。

 小さくて 可愛いです。

 *-*-*

 このお花は、雑草?ではないかと・・・

Photo_2

               (撮影 2012.7.20)

 花径1cmほどの大きさです。

 淡いピンク色でとても可愛いので パチリcamera

 花名はあるのでしょうが・・わかりません

 お花が終わった後の姿、変わってるので
 それから、アップしようと思っていたら・・・

 気がついたときは、もう遅し
 雑草と一緒にとり除かれていた~(。>0<。)    
      

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月 7日 (火)

立秋

        きょうは 「立秋」

Photo_2
                                   (キバナコスモス)

厳しい暑さが続いておりますが、

皆様、何卒 ご自愛のうえ、お過ごしくださいませ。。。

*-*-*

ところで、今日8月7日 北海道では一ヶ月遅れの「七夕」です。

子供の頃、浴衣を着てちょうちんを手に、
「ローソクだせだせよ~、ださないとかっちゃくぞ」
と、隣近所を歌いながら回って歩き、そしてお菓子をもらうんです

今はどうなのかしら?と

子供の頃の懐かしいこと想いだしたので・・・

これって北海道だけなのかしら???

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月 4日 (土)

Christmas Tapestry - Santa Claus 1

デンマークの建物は少しお休みして、こちらを始めました。。。

Photo

     素敵な笑顔のサンタさん登場です 

              :

 糸  flora cotton を初めて使っています。
 何となくですが、今までの花糸よりも刺した感じが
 ふわっと刺しあがってる気がするんですが・・・

 糸の太さが微妙に違うのかな? と思いながら
 刺しています。

      flora cotton 好きになったわ~ ^^
 

 Book: Christmas Tapestry in Cross -Stitchから
      「Santa Claus 1976」

 Design: Inga Palmgren
 fabric: HF12B
 thread: Flora cotton 198

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年8月 1日 (水)

シェラド城門

Photo

デンマークの建物 「シェラド城門」完成しました。

Photo_2

Photo_3

 「シェラド城門 1663年、フレデリック3世の時代の建築」

これで 3つめの建物も完成したので、まだ半分ですが
3つ並んだところを・・・

Photo_4

 Book:デンマークのクロスステッチ「四季の暮らしと窓辺の花」
 Design:Gerda Bengtsson / Ida Winkler
 Linen: HF-12B  thread:花糸(旧)

なんと・・・ここで間違い発見 !!(゚ロ゚屮)屮

ニボーダ団地の文字部分、違う糸で刺していた
ここだけなので、後で刺しなおします。。。

*-*-*

デンマークの建物はここで少し中断して、クリカレに進みます。

完成した、クリカレは知人宅に飾られます。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »