フォト

***

  • 訪問 ありがとうございます        
    PatchworkQuilt・CrossStitch等の  手しごとを記録しています。            by Garnet
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Cross Stitch

  • Yesteryear
    クロス・ステッチ 作品

Patchwork Quilt Ⅰ

  • ミニポーチ
    バッグ・ポーチなどの小物集

Patchwork Quilt Ⅱ

  • Rose Dream Quilt
    タペストリー・バッドカバーなどの作品

My Favorite Pattern

  • #18 St.Paul
    12cmサイズのお気に入りパターン

Let's Try

  • Strawberry Garden
    QP企画、 Let's Tryなどで 制作した作品。 他、書籍を参考に制作した作品

Monthly Quilt

  • フラワー・ベース・タペストリー 
    「すてきにハンドメイド」MonthlyQuilt

Flower Arrangement

  • プリザーブドフラワー ハート
    今までに制作した作品を フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー

料理

  • 生あげの酢豚ふう
    昨夜の一品

***

  • 掲載のステッチ作品は、デザイナー、メーカーに著作権があります。画像の配布、複製、転載はご遠慮ください。 宜しくお願い致します。

Book

  • Garnetの本棚
無料ブログはココログ

« ビオラのドイリー | トップページ | スパゲティー カルボナーラ風 »

2012年4月 3日 (火)

ヘニング・マンケル「背後の足音」

 スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」シリーズで北欧ミステリーに
 はまってしまった私・・・

   Photo

ヘニング・マンケル「背後の足音」の上下巻を読みました。
ヴァランダー刑事に、これまた、はまりそう~。

私生活や仕事のことなどの愚痴を言う情けない中年男なんだけど
まぁこれも人間味があっておもしろいかな~。。。

「背後の足音」は文庫で昨年7月に出版

ヴァランダーシリーズの7作目なんですね
第1作目からこれは読まなくてはと思っています。

        ...............「背後の足音」上...............

 夏至前夜、3人の若者が公園でパーティを開いていた。
 18世紀の服装、料理、ワイン。彼らをうかがう目があるとも知らず

 イースター警察署に、夏至前夜に友人と出かけて以来行方不明の
 娘を捜してくれと母親の訴えがだされた。

 で、その捜査会議にひとりの刑事が無断欠席。
 几帳面な人物がなぜ?

 そして不審に思ってアパートに訪ねたヴァランダーが見たものは・・・

 と、上巻はこんなあらすじ・・・なんですが

 下巻は・・・ 

 同僚の刑事が殺され、あまりに無残なその姿に、イースター署の面々は言葉を
 失う。若者たちの失踪した事件を一人で調べていたらしい。
 二つの事件は同一犯のしわざなのか? 殺された同僚の隠された素顔
 そんな中、次の犠牲者が・・・

            ................................

 人間関係がうまくいかず、表社会からはじき出された人間たち。
 その鬱屈した思いはしだいに成功者たち、表社会で楽しそうに暮らしている
 人たちに向けられる。重いが怒りに膨れ上がり、やがて狂気に変わる。

                                 .......訳者 あとがきより.............
   

           北欧ミステリー 面白い      

       興味がありましたら 読んでみてね^^

............................................................................................................

 他に読んでいたのは、前にも書いた 
 メグ・ガーディナー著エヴァン・ディレイニーシリーズ

 3作目、4作目でした。

   Photo

 ユーモラスなキャラクターのエヴァン
 若き女性弁護士で、SF作家で、美人、その容貌に恵まれながらも
 ショートの髪に、男勝りの服装、しゃれっ気はなし、知識人にあるまじき
 悪態をつき、後先考えずに無鉄砲な行動をする。
 とびっきりタフなヒロインなんです。

 で、一緒に事件解決するのは
 婚約者:ジェシー・ブラックバーン、同じく弁護士、そしてハンサム

 2作目と4作目に登場する
 いとこのテイラーは
 別な路線をいく破天荒な性格、厚かましくて破廉恥なことを
 ここまでやるか???
 想像をはるかに超える迷惑千万な女

 いろいろと信じがたいエピソードを展開してくれる。

 エヴァン・ディレイニーシリーズ、ジョー・ベケットシリーズ
 次回作の発売が待ち遠しいです。

..............................................................................................

    昨日から読み始めたのは、積本の中から

 「RDG ② はじめてのお化粧」 荻原 則子著 です

..............................................................................................

    Photo_2

           チューリップ(八重)

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

« ビオラのドイリー | トップページ | スパゲティー カルボナーラ風 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事