フォト

***

  • 訪問 ありがとうございます        
    PatchworkQuilt・CrossStitch等の  手しごとを記録しています。            by Garnet
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Cross Stitch

  • Spring at Hawk Run Hollow
    クロス・ステッチ 作品

Patchwork Quilt Ⅰ

  • ミニポーチ
    バッグ・ポーチなどの小物集

Patchwork Quilt Ⅱ

  • Rose Dream Quilt
    タペストリー・バッドカバーなどの作品

My Favorite Pattern

  • #18 St.Paul
    12cmサイズのお気に入りパターン

Let's Try

  • Strawberry Garden
    QP企画、 Let's Tryなどで 制作した作品。 他、書籍を参考に制作した作品

Monthly Quilt

  • フラワー・ベース・タペストリー 
    「すてきにハンドメイド」MonthlyQuilt

Flower Arrangement

  • プリザーブドフラワー ハート
    今までに制作した作品を フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー

料理

  • 生あげの酢豚ふう
    昨夜の一品

***

  • 掲載のステッチ作品は、デザイナー、メーカーに著作権があります。画像の配布、複製、転載はご遠慮ください。 宜しくお願い致します。

Book

  • Garnetの本棚
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

ヘニング・マンケル「タンゴ ステップ」

先日読み終わった、ヘニング・マンケルの「背後の足音」

刑事ヴァランダー・シリーズの7作目だったので
第1作目から読みたくて、いつも行く書店へ run
第6作目「五番目の女」上下巻と「タンゴ・ステップ」は
購入、他は在庫なしなので、注文して帰ってきました。

届くまでの間に シリーズ番外編の「タンゴステップ」を

Photo

プロローグから グッと読み手をひきつける・・・
そんな風に感じながら読んでいった1冊でした。

            :

 「タンゴステップ」

 男は54年間、眠れぬ夜を過ごしてきた。
 森の中の1軒家、人形をパートナーにタンゴを踊る。
 だが、その夜明け、ついに影が彼をとらえた・・・・・

  ステファン・リンドマン 37歳、警察官、
 新聞記事・・何かが彼の注意を引いた。
 彼は写真と被害者の名前にひきつけられた
 新米のころ指導を受けた先輩(ヘルベルト・モリーン)が、
 無惨に殺されたという記事であった。 

 殺された元警察官、モリーンの住んでいた土地を訪ねた
 ステファンは、独自に捜査を開始。調べを進める彼の前に、
 新たな死体・・・。次々と明らかになる元警察官の知られざる顔、
 意外な過去・・・

 エピローグではモリーンの日記の中で出てくる「M」なる人物
 が登場します。

 面白いですよ~

              :

 読んでいる間に
 刑事ヴァランダー・シリーズ 3作目までが届いたので
 これから 1作目を読み始めるとしましょう~。

...................................................................................

         庭のお花

   クロッカス・・・昨年より2週間おくれで咲いています。

Crocus  

    なかなか気温も上がらず、庭の花たちも
    開花がおくれています。 

     ( 本日 2度目の投稿です。)

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.      

   

And a Forest Grew 7

Photo

       前回からさほど、進んでませんが

       中央部分、無事に繋がりました。。。

     周りの細かい部分はこれからボチボチ刺します。

        
     Rosewood Manor "And a Forest Grew"
       Designed by Karen Kluba
       Linen:Newcastle Linen 40ct Cream
       Thread:DMC(1strand)

...............................................................................................................

        次は、こちら ・・・・・・・

Photo_2

    Plum Street Samplers 「Brother's Keeper」

       一目ぼれ、即 購入です。

         文字部分は 1over1 
    
    刺すのが 少し大変ですが、頑張るわ~

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.    

2012年4月24日 (火)

The Owl

     この本の中から可愛い「みみずく」を

     他の動物も可愛いでしょう~

Photo

        今は春なのに、刺し始めたのは

    Fingerhutの「Herbest&Winter 秋と冬の物語}

    右側のように他もステッチして、フレームに入れて
    秋に飾りたいと思っています。

      先ずは 一つ目の「みみずく」です。

Photo_2

   丸いフレームはお友達から頂いたものです。

      ステッチ部分は7cmぐらいです。

            小さいので  

        1日で刺し終わるんですが

     可愛らしい目・・・これが結構大変で、
     白い部分はテントステッチで刺しました。

       「Herbst&Winter」 Fingerhut
           by Christiane Dahlbeck
                    fabric:HF-12B
         thread:Danish Flower thread(旧)

................................................................................................................

      4月に入ってから、お天気のいい日がない釧路
      これからは霧のシーズン到来となります。。。

         昨日は大雨、今日も雨模様です

   それでも、我が家の花壇にも少しずつ花芽が伸びてきて

        「クロッカス」がもう少しで開花しそうです。

   Photo_3

                 *

             楽しみにしている

     カンパニュラ・ グロメラータも芽が伸びてきました

         これから少しずつ花壇の花たちも、

             咲いてくるので

           楽しませてくれそうです~

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年4月18日 (水)

マグネットピンクッション

Photo

         刺繍の時に使うために
    マグネット入りのピンクッションを作ってみた^^
  
  マグネットを入れてるので、適度の重みと、針がくっつくので
  とても使い勝手がいいです。

          サイズは 6cm角です。

     Photo_2

         図案はこちらのステッチ本から

Photo_3

          可愛い図案が載ってます。
       右側の図案の中から選んでピンクッションに。

    Book: DITES-LE 
        AVEC DES FLEURS 
        DES FILS ET DES CROIX

       (紀伊国屋書店さんから購入)

.......................................................................................................

  memo マグネット(5cmくらい)はキルト芯でくるんでおく。
     後は刺繍したものとプリント布の中に
     マグネットを入れて、とじる。
     好みで飾りレースをつける。
     (マグネットに厚みがあったので仕立ては
     このようにして作りました。)

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。   

2012年4月16日 (月)

コースター ①

    Photo

   ( キット 「春の花糸刺繍・コースター」 TICROIXR )

       心やすらぐ、春、若葉、フレッシュ 
      
       なんとなく そんな風に感じる色。

   ティクロワさんのコースターキット 途中経過です~

        残り3枚分を刺し終わってから

           お仕立てします。

.....................................................................................................................

 ブログ友さんのお庭では、沢山の春のお花が 咲いてきています。

 我が家の花壇では、漸く春のお花の芽が伸びてきたところです
 お花がみれるのは、5月に入ってからかな・・・

 Photo_2

        室内で育ててる 紫陽花・ゼラニューム

         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

    

2012年4月15日 (日)

レッドペイズリーのパターン 

Photo

              すてきにハンドメイド 4月号 
             「こうの早苗のマンスリーキルト」
             * レッドペイズリーのパターン*

   最近、パッチワークから遠ざかっていて・・・
   パッチワークに気持ちが向くようになりますように・・・と
   すてきにハンドメイド新連載のマンスリーキルトを
   はじめる事にしました。

 今回のマンスリー、長年パッチワークをしていて、ストックしてる布も
 先染めチェック、トープカラーがほとんどで、手持ちの布も
 使いきれないくらいありますが・・・
 アップリケに使う花柄布が沢山ある布の中にはありません

        と、 いう訳で

 こうの早苗さんの布にも興味があり、キットを使用して縫いました。
 

久しぶりのピースワーク、赤のペーズリー柄、バスケット用の小花柄
とても縫いやすい布でしたよ。

A  B

無地布との組み合わせも、とても久しぶりで、
パッチワークを始めた頃を思い出したりして・・・

C アップリケに使用した花柄布
素敵な布 shine  でした。

お花のプリントのところを切り抜いて
裁ちきりのまま、ボタンホールステッチで
とめていきます。

使ってる間に、ほつれてこないか心配・・・

マンスリー4月が縫い終わり、パターンを眺め
赤いキルトもいいかも^^

次号はどんなのかしら?楽しみだわnotes

少し、やる気がでたかな~パッチワーク sign01

           

           .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.   

2012年4月10日 (火)

A Sampler Story 7  (finish)

Photo

   昨年秋から刺し始めた 「A Sampler Story」 終了しました。

            最後の6図案 

6

    小さいながらも乗馬の図案ベタ刺し時間かかりました。

Photo_2

             完成です happy01

    途中からは、スクロールフレーム → ☆ を使って刺しました。
    刺繍枠を移動する手間もなく、
    左手で刺繍枠を持たなくていいので便利です。

      両手刺しもできるるようになりたい^^

                :

     完成まで観ていただき有難うございました m(_ _)m

  The Sampler Company 「A Sampler Story」
      Designs by Brenda Keyes

       Linen:32ctLinen Cream
       thread:DMC
       Stitch Conut:  295×199
       2012/4/8 (完成) 約 46cm× 31cm

          .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2012年4月 7日 (土)

スパゲティー カルボナーラ風

Photo

 好きなアスパラ・ブロッコリーを入れた 「カルボナーラ」を
 

 材料: 卵、アスパラ、ブロッコリー、たまねぎ、ベーコン
      スパゲティ、バター、黒コショウ、粉チーズ

 サラダ用: レタス、大根(千切りにする)、トマト、海藻サラダ(乾燥・戻しておく)
        ドレッシング(梅味)

 卵と粉チーズ、黒コショウを入れよく混ぜておき、
 固まらないようにスパゲティーと絡めて、完成となります。

 * 私の場合、卵にしっかりと火がとおっていなければ、
   食べられないので入り卵のようになってます
   それで、カルボナーラ風としました^^ 

  restaurant レシピは 左サイドバー Photo 料理を見てね

      ...............................................................................

 Photo_2

        我が家の紫陽花・・・・・・
    しばらく元気がなかったのですが、

       咲いてきました~ note

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
  

2012年4月 3日 (火)

ヘニング・マンケル「背後の足音」

 スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」シリーズで北欧ミステリーに
 はまってしまった私・・・

   Photo

ヘニング・マンケル「背後の足音」の上下巻を読みました。
ヴァランダー刑事に、これまた、はまりそう~。

私生活や仕事のことなどの愚痴を言う情けない中年男なんだけど
まぁこれも人間味があっておもしろいかな~。。。

「背後の足音」は文庫で昨年7月に出版

ヴァランダーシリーズの7作目なんですね
第1作目からこれは読まなくてはと思っています。

        ...............「背後の足音」上...............

 夏至前夜、3人の若者が公園でパーティを開いていた。
 18世紀の服装、料理、ワイン。彼らをうかがう目があるとも知らず

 イースター警察署に、夏至前夜に友人と出かけて以来行方不明の
 娘を捜してくれと母親の訴えがだされた。

 で、その捜査会議にひとりの刑事が無断欠席。
 几帳面な人物がなぜ?

 そして不審に思ってアパートに訪ねたヴァランダーが見たものは・・・

 と、上巻はこんなあらすじ・・・なんですが

 下巻は・・・ 

 同僚の刑事が殺され、あまりに無残なその姿に、イースター署の面々は言葉を
 失う。若者たちの失踪した事件を一人で調べていたらしい。
 二つの事件は同一犯のしわざなのか? 殺された同僚の隠された素顔
 そんな中、次の犠牲者が・・・

            ................................

 人間関係がうまくいかず、表社会からはじき出された人間たち。
 その鬱屈した思いはしだいに成功者たち、表社会で楽しそうに暮らしている
 人たちに向けられる。重いが怒りに膨れ上がり、やがて狂気に変わる。

                                 .......訳者 あとがきより.............
   

           北欧ミステリー 面白い      

       興味がありましたら 読んでみてね^^

............................................................................................................

 他に読んでいたのは、前にも書いた 
 メグ・ガーディナー著エヴァン・ディレイニーシリーズ

 3作目、4作目でした。

   Photo

 ユーモラスなキャラクターのエヴァン
 若き女性弁護士で、SF作家で、美人、その容貌に恵まれながらも
 ショートの髪に、男勝りの服装、しゃれっ気はなし、知識人にあるまじき
 悪態をつき、後先考えずに無鉄砲な行動をする。
 とびっきりタフなヒロインなんです。

 で、一緒に事件解決するのは
 婚約者:ジェシー・ブラックバーン、同じく弁護士、そしてハンサム

 2作目と4作目に登場する
 いとこのテイラーは
 別な路線をいく破天荒な性格、厚かましくて破廉恥なことを
 ここまでやるか???
 想像をはるかに超える迷惑千万な女

 いろいろと信じがたいエピソードを展開してくれる。

 エヴァン・ディレイニーシリーズ、ジョー・ベケットシリーズ
 次回作の発売が待ち遠しいです。

..............................................................................................

    昨日から読み始めたのは、積本の中から

 「RDG ② はじめてのお化粧」 荻原 則子著 です

..............................................................................................

    Photo_2

           チューリップ(八重)

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »